やましたさんちの玉手箱
ユフィの記事
連載
01 街角でのキャッチセールス
02 無料体験で落ち込む
03 自分の稼ぎでなら 何をしようと構わない
04 体操教室1ヶ月半・週3回目標
05 12月最初の週は計測
06 正月明けで太った・風邪ひいた
07 マシンが8台から12台に増えた(マシン解説付き)
08 1ヵ月毎の測定1週間毎の強化マシーン
09 カーブスの宣伝が増えています
10 従兄の嫁さんとカーブスですれ違い
11 皆の悩みは「暑くなったらどうしよう」
12 盛夏の8月 ともかく頑張っていまーす
13 ためしてガッテン 筋トレで免疫力アップ
14 満1年が過ぎて どれくらい身体に変化があった?
15 2014年の暮れから15年の年明け
16 2015年2月に初めての筋肉チェック
17 ストレッチの重要性にいまさら気付く
18 2回目の筋力チェックは少しだけできた
19 8月の筋肉チェックは右足が突出
20 11月の筋力チェックと新年のカード2枚
21 春の下北沢カーブスの近況は
22 住み替えで カーブスも変わる
23 1丁目から3丁目に移転
24 4月からはキャナルコート東雲へ移籍
25 10月で4年頑張れました
26 たんぱく質毎日12点チャレンジ
27 持続が一番
TOP > ダイニング > 健康

スポーツ苦手の母娘 女性だけのジム「カーブス」に通う

25 10月で4年頑張れました

でも東雲に移籍してからはまだ7ヶ月新人です

全体的に面白くは無いが、気分は楽なので通いやすいかも…。
店内も下北沢ほど装飾過多ではないし、東陽ほど競争過多でもないし、サーヤが最初に見抜いたように気軽にオシャレに通える店なのかも…。

朝一の10時過ぎには着くよう、直通バスの時間も覚えたから、最近は「10時からカーブスで運動し、イオンで買い物を済ませ、バスを豊洲で乗り継いで帰宅」というコースが決まってきた。
まだイオンの隅々までは把握できていないが、大部慣れてはきている

なにしろこの東雲カーブス、とても古くてこの5月に10周年を迎えている。
という訳で、古い人は10年くらい続けている人も、入ったばかりの新人さんもいる。
年齢層もバラバラなのだが、70~80代の人も少なくは無い様子。

年齢が高くてもカーブス歴が長いから、姿勢も良いし溌剌としているしそして若い。
若い40代くらいの人は、オシャレだしモデルさんみたいな人も居る。
毎日(ユフィは火木土)会うし、他の曜日でも会うので「毎日?」と伺ったらそうだったという人も居たりする。

下北沢の頃は、9月開校で10月に入ったから、全員がスタートラインが一緒だったが、東雲カーブスは経験も境遇も千差万別?
ただ、下北沢と比べると、「付けまつげ」やら「厚化粧」やら「アクセサリー過多」のおばさまは全く居ないみたい。

東陽町と比べると、おしゃべりなおばさんは少ないみたいで、広いから隅でおしゃべりしているみたい。
マシーンを動かしながら歩きながらおしゃべりは多くない。
もっともマシーン運動中のおしゃべりは体調に影響があるとかで、ウォーキング板なら大丈夫と注意書きが張ってある。

3店の一番の違いはもちろん雰囲気なのだが、指導方法も違うみたい。
下北沢では「とにかく明るく楽しく賑やかに」、東陽町では「力いっぱい頑張る・自分のこ とはしっかり自分で」、東雲では長く続けているからか「焦らない」という雰囲気。

一番戸惑ったのが東陽町での「マシーンの使用法」だった。
お互いに気を使いあって、次の人のためにマシーンを使いやすいよう抑えたり整えたりは厳禁だったのだ。
例えば「ベッグ・デック」「スクワット」の場合、次にマシーンを使用する人の為に、すぐ行動しやすいよう押さえたり持上げたままにしたりすること、東陽町では厳禁。

なぜなら、運動の始めの動きから自分で行うことが、その運動達成には必要だとの規則で、親切は要らぬお節介と言うこと。
始めは馴染めなかったが、次第に気使いも要らないからかえって楽だったし、馴染んでしまったから、東雲では気使いの人がいる場合といない場合を繰り返すことになって疲れてしまう。

前の人が「ベッグ・デック」のアームを寄せてくれるのだが、座るのにアームが邪魔して手間取るし、サッと据わって左右のアームを引き寄せるほうが理にかなっているのだ。
同じことは「スクワット」でも言えて、持上げやすいよう支えてくれているが、このマシーンも最初から自分で持上げたほうが運動しやすい。

でも、前の人がやってくださると「ありがとうございます」とお礼の言葉が必要だし、「やり難い」なんて、言えないよね。
なのでこの頃は気遣いされないことが嬉しくて、後の人にも何も気を使わずサッサと次のマシーンに移っている。

「スクワット」の場合は、両肩を差し込むようにしてマシーンを上げるのだが、中には腰に問題のある人などは、マシーンに両手を乗せた形だけでスクワットをする人も居る。
そんなときは「気遣い無用」なのでホッとするのだ。

それと秋恒例の「筋肉祭り」は、東雲はとてもおとなしい感じだ。
下北沢や東陽町では、あまり広くは無い教室に赤い提灯風の札を綱を張って釣ったり、 壁いっぱいに貼ったり、コーチも大声で頑張るよう声掛けもたくさんするのだ。

東雲も恒例の行事なので、多分1店に届く広告などは同量だろうから、提灯はあるが壁にズラリと並べて張っているだけ。
その分コーチが声掛けを運動中にしっかり行ってはいる。
10年の貫禄かな?

入会して4年経って、カーブスの宣伝もコマーシャルなどでとても増えたように思う。
この間は、イオンの自動キャッシャーで「1週間無料体験」の広告が出てきた。


カーブス入り口の看板に「無料測定」の文字が躍っていたし、会員集めは色々とやっている様子だ。


教室の壁には「森永乳業のおいしい牛乳」との提携のニュースが…。
牛乳パックの側面に「カーブスニュース」が載るのだそうな。
帰りにスーパーで確認したところ、確かに載っていた。


紛らわしいのだが、明治の「おいしい牛乳」と森永の「森永のおいしい牛乳」は商品名が似ているので間違いやすい、気を付けよう。

『筋肉はタンパク質で作られる』から、森永乳業とのコラボは理に適っているわけ。
11月中まで「筋肉祭り」は継続されているので、毎日「昨日のタンパク質の食事で摂った量」を申告するようになっている。
なかなか10~12点は難しいのだが、太ってきたと言ったら「夕食に集中していると思うので、朝昼に分散させてください」との忠告を受ける。

なるほど、朝食はパンと紅茶だし、昼は昨夜の残り物で済ますから、タンパク質は少ない。
で、11月中に「プロテインが新しくなったので、説明会を受けてください」とのこと。
11月以降は『スーパープロテイン』に切り替えてのお届けになるらしい。


『食事だけでは摂りきれないタンパク質を、毎日・無理なく・カロリーを抑えて摂れる』ことを目指したらしい。
うんうん、スプーン2杯のプロテインは、結構お腹いっぱいになるから、食事が充分には楽しめない…。
食いしん坊のユフィには、とっても嬉しい変更だ

そして、まだプロテインを飲んでいない会員さんと2人で説明会に出る。
ユフィの次のプロテイン到着は11月の末の予定。
ちょっと楽しみにしているので、届いたらその報告は【カーブス・プロテイン】で報告しますね。
▲ページTOP