やましたさんちの玉手箱
ユフィの記事
連載
01 街角でのキャッチセールス
02 無料体験で落ち込む
03 自分の稼ぎでなら 何をしようと構わない
04 体操教室1ヶ月半・週3回目標
05 12月最初の週は計測
06 正月明けで太った・風邪ひいた
07 マシンが8台から12台に増えた(マシン解説付き)
08 1ヵ月毎の測定1週間毎の強化マシーン
09 カーブスの宣伝が増えています
10 従兄の嫁さんとカーブスですれ違い
11 皆の悩みは「暑くなったらどうしよう」
12 盛夏の8月 ともかく頑張っていまーす
13 ためしてガッテン 筋トレで免疫力アップ
14 満1年が過ぎて どれくらい身体に変化があった?
15 2014年の暮れから15年の年明け
16 2015年2月に初めての筋肉チェック
17 ストレッチの重要性にいまさら気付く
18 2回目の筋力チェックは少しだけできた
19 8月の筋肉チェックは右足が突出
20 11月の筋力チェックと新年のカード2枚
21 春の下北沢カーブスの近況は
22 住み替えで カーブスも変わる
23 1丁目から3丁目に移転
24 4月からはキャナルコート東雲へ移籍
25 10月で4年頑張れました
26 たんぱく質毎日12点チャレンジ
27 持続が一番
TOP > ダイニング > 健康

スポーツ苦手の母娘 女性だけのジム「カーブス」に通う

24 4月からはキャナルコート東雲へ移籍

教室によって雰囲気がまるで違う!
まずは教室がある場所の説明から。
東雲キャナルコートは、東京都江東区東雲一丁目にある再開発事業の総称・愛称で、三菱製鋼の工場跡地に大規模マンションや商業施設などが建設されたもの。( ウィキペディア)

住み替えに当たって、何回か江東区を訪ね歩いたが、江東区は開発で様々な商業地域が新設されていて、街全体が新しい雰囲気に包まれている。
古い地区が残されているところもあるのだが、高層マンションが林立した新地区が多いのが特徴で、しかも若い世代がとても多いようだ。

サーヤはカーブス東雲の移店は1月から決めて移ったのだが、ユフィはなかなか決められず東陽1丁目店から東陽3丁目店へ教室移転で動き、やっと4月を待って移籍した訳。
住み替えの情報収集の際に見かけていたので、東雲キャナルコート内の一番手前・イオンショッピングセンター前にある教室は知っていた。


サーヤが移る際に同行して内部も見ていたので「凄く広くて明るくてオシャレな雰囲気」なのは分かってはいたが、サーヤが「通ってくる人もオシャレな人が多いし、服装も普段着ではなくスポーツ着の人が多い」と脅かされていたので、ちょっとおっかなびっくりの感じだった。

マシーンが新しくなっていること、広くなったので着替えやストレッチで遠慮が要らないこと、そして最大の関心事である『オシャレな人が多い』ことは、なぁーんだって感じ
サーヤは仕事帰りに寄るから若い人が多いのだろうが、午前中はおばさん中心なので雰囲気は世田谷と変わらない感じでホッとする。

そして1ヶ月半ほどで『10周年』のキャンペーンが始まった。
そして納得、『マシーンは10年使用』の意味がやっと分かったのだ。
1週間ほどキャンペーンは続き、丁度10年目の日には「大きなガーベラの花1本」が記念にプレゼントされた。


新マシーンの使用感は、1ヶ月ほどでしっかりマスター出来た。
全体的に重くなっていて、通常の運動が少しきつく感じられるが、なにしろオシャレをしていかなくとも良いので安心。
運動しやすい服装でオッケーなのだから、今までと違うことなく通える

東陽3丁目店では、コンクリートの床に薄い絨毯だったので、ストレッチの時には痛かった。
東雲店では、床はコンクリートではないようなので一安心。
着替えやプロティンのコーナーもあり、カラフルな教室内にはビビットなオレンジの椅子も並んでいて、明るい印象だ。

東陽町でもそうだったのだが、コーチが2人だけなのがちょっと寂しかった。
なにしろ世田谷では、多いときは5人もいて楽しかったのだが、測定も筋力チェックも2人なので手が回らない感じ。
やっと8月から2人増えて、4人体制になったみたいで安心。

東陽町の雰囲気は下町気質が充満していて、世田谷のちょっと澄ました感じとは違っていて肩の力が抜けたようだったのが、東雲店ではそんな感じが半々になったようだ。
つまり気分良く通える雰囲気になったということで、これからは長くお世話になりそう。


通うには「行きはバスで直通」「帰りは豊洲で乗り換え」と不便なのだが、イオンがとても買いやすい雰囲気のスーパーなので嬉しい。
考えてみたら、世田谷の下北沢のスーパーに似ている雰囲気で、しかもお安い。
1階が生鮮食品のスーパー、2階が様々な飲食店と衣料品や靴等のお店が並んでいて、土日はとても賑わっている。

火曜日は特売日なので、花やパンや冷凍ものなどがとても安いし、朝早めに直行のバスで出かけ、イオンをザッと見て置き、カーブスで40分くらい運動してから、下見した買い物を済ませてバスを乗り継いで帰宅、と言うコースに落ち着いてきた。

暑い夏が心配だったのだが、世田谷では15分往復ともに徒歩だったのに、バス利用と言うことで冷房が効いているのでとても楽。
イオンを通って涼みながらカーブスに行けるので、逆に良かったのかも…。

「住めば都」と言うことわざもあり、心配していたほどのこともなく、おいしいパンもイオン内で見つけたし、疲れれば飲食店で美味しいものも食べられるし、今のところ満足している。
あぁ、よかったぁの気持ち
▲ページTOP