やましたさんちの玉手箱
ユフィの記事
連載
01 街角でのキャッチセールス
02 無料体験で落ち込む
03 自分の稼ぎでなら 何をしようと構わない
04 体操教室1ヶ月半・週3回目標
05 12月最初の週は計測
06 正月明けで太った・風邪ひいた
07 マシンが8台から12台に増えた(マシン解説付き)
08 1ヵ月毎の測定1週間毎の強化マシーン
09 カーブスの宣伝が増えています
10 従兄の嫁さんとカーブスですれ違い
11 皆の悩みは「暑くなったらどうしよう」
12 盛夏の8月 ともかく頑張っていまーす
13 ためしてガッテン 筋トレで免疫力アップ
14 満1年が過ぎて どれくらい身体に変化があった?
15 2014年の暮れから15年の年明け
16 2015年2月に初めての筋肉チェック
17 ストレッチの重要性にいまさら気付く
18 2回目の筋力チェックは少しだけできた
19 8月の筋肉チェックは右足が突出
20 11月の筋力チェックと新年のカード2枚
21 春の下北沢カーブスの近況は
22 住み替えで カーブスも変わる
23 1丁目から3丁目に移転
24 4月からはキャナルコート東雲へ移籍
25 10月で4年頑張れました
26 たんぱく質毎日12点チャレンジ
27 持続が一番
Powered by amaprop.net
TOP > ダイニング > 健康

スポーツ苦手の母娘 女性だけのジム「カーブス」に通う

11 皆の悩みは「暑くなったらどうしよう」

コーチの教える解決法は

6月もそろそろ終わり、梅雨の合間に30度近い気温の日も出てきた。
ユフィは夏が苦手、今はまだ「汗びっしょり」にならないけれど、行き帰りの歩きと30分の運動で、汗びっしょりになるのはもう間近だ。

先日は30度近くになったので、帰宅後すぐにシャワーに入れるよう、バスタオルやタオルを風呂場に準備して出かけたくらい、ともかく夏場が不安。
同じ思いの人は多いらしく、ジムの中では話をしないけれど、玄関の靴の履き替えの際にグチがポロリと出てしまう。

「汗ッかきなので不安です。通えるかどうか?」
「夏は外に出たくないけれど、今年はファーブスがあるから、仕方なくでも出かけることになるかも…」
「夏休みにするのも、ね。何とか通う元気を奮い起こさないと…」

6月に入ってから、少しずつ朝早めに来る人が増えているみたい。
コーチ曰く、『まだ暑くなる前から、少しずつ暑さに慣らして行く方法が良いようです』
暑さに慣れる為にも、「今から通うクセ・習慣をつけること」なのだそうだ。

寒いから出かけたくない、暑いから休もう、では習慣化は難しい。
コツコツと決めた週に何回かのジム通い、続けることが最良。
1日の最高気温は午後2時~3時頃だから、10時に開くジムには午前中がベスト。

日の落ちた夕方は、暑さが残っていて、歩いて通うのは大変かも知れない。
ユフィの場合は、自転車を止めて歩くことにしているから、10分程度の徒歩はファーブスでの予備運動のつもりで歩いているのだ。
『行きはよいよい帰りが怖い』の歌ではないけれど、汗をかいた後の帰宅の10分間は、日差しも強くなっているだろうし、身体も熱くなって汗ダクダクだろうし、登り坂だし、考えただけでもイヤー!

コーチ達もいろいろと工夫して、通うのが楽しくなるように、考えているらしい。
それとも、カーブス全体の方向なのだろうか。
壁いっぱいに「カーブスに通った一言感想文」が張ってある。

そして、成果をあげるには、「自分ホメ」が肝心らしい。
自分で自分を褒めるのは、かなり難しいのだけれど、甘やかしでない「自分ホメ」は必要かもしれない。
『ホメ上手』の5点、ユフィはまだまだ半分くらいだから、もっともっとホメなくっちゃ、だ。
ホメ上手のすすめ

それに毎週クイズ形式の張り出しもあって、問題と答えとが2枚重なって貼ってある。
今日の質問は、「カーブスの30分の運動は、どのくらいのカロリー減になるでしょう」で、答えは「カレーパン1個分・310キロカロリー」なんだとか。

えーっ、カレーパンってそんなにカロリーが高いんだ、とビックリした。
驚くところが間違っている、「そんなに運動量が高いんだ」と言うべきところだ。
他にも300キロカロリーだと、『ハンバーガー・ピザトースト・ポテトチップス・みたらし団子2本半・大き目のアンパン』などがあるらしい。

カーブスで運動したら、こんなにカロリーの高い食べ物は厳禁にしなくっちゃ、ね。
しかし、たまには食べたいハンバーガーとピザトースト。
サーヤは1週間に1回はポテトチップス1袋は絶対に食べるし…、痩せない訳だ

もうひとつの問題は、「4~5週間寝たきりになってしまうと、筋肉はどのくらい落ちるでしょう」だった。
答えは「1週間で1キログラム筋肉は落ちるので、5キログラムくらい減ってしまう」だって。

寝たきりで全く動けない状態を想定しているのだが、筋肉・筋力を付けるのはとても大変だけど、減らすのは実に簡単。
寝たきりになったら、起き上がることは困難と言うことになる。

他にもいろいろと問題はあって、今のところ大体は正解中。
と言うか、一番多い量が正解だから、ちょっとオーバー気味でも常に多い方が答えなのだ。
カレーパン1個が310キロカロリーだとか、5日の寝たきりで5キログラム筋力減とか、そんな感じで、毎回驚かされているのだ。

今月の目標は、「腹圧を高める」で、正しい姿勢をとることで効果を上げていくこと。
下腹の前後をくっつけるようにし、ぐっと上に持ち上げるようにして、前を向いて足踏み。
頭の上をぐっと引っ張る感じで、そのまま足踏みからマシーンへと移る。
腹圧の高め方

ところが、「下腹に力を入れて」と言われれば「あ、そうだ」と思い出すのだが、声が掛らないとボケーと2周してしまったりするのだ。
常に集中力が必要なのに、慣れてくると適当にこなしてしまうようだ。

季刊カーブスの夏号、「筋トレ効果のスゴイ変化を見逃していませんか」のページ。
「睡眠」「心」「体力」「行動」「歩き」「動作」「トイレの心配」「体温」「体調」「痛み」「骨」「生活習慣病」「血行・新陳代謝」「免疫力」「肥満・ダイエット」等々。
筋トレの変化1

なにかしらの変化があるはずだ、と書いてある
ユフィの場合は、「生活習慣病の高血圧」が、寒い時期から暑い時期になったことも含めて、毎朝計る血圧が落ち着いてきているのは確かだ。
筋トレの変化2

毎月投薬で訪れる羽山医院では、「カープスに通い始める方が増えてきている」らしい。
そして、皆さん「血圧も落ち着いてきている」とのこと。
ユフィの目標は、「まずは血圧の薬を2種類から1種類に減らし、いずれは薬無し」にすることだ。

現在、高血圧の薬は1種類だけ。
巷で姦しい「ディオバン」だが「まあ、いいや」で服用中。
いずれ服用しない方向に行きたいのだから、このまま続行することにしている。

「血圧を薬ではなく下げる」「少しはスマートになる」「筋力をつけて元気に過ごす」の3つを目標に、夏にもまけずに頑張るぞーっ。
Powered by amaprop.net
▲ページTOP