やましたさんちの玉手箱
ユフィの記事
連載
01 街角でのキャッチセールス
02 無料体験で落ち込む
03 自分の稼ぎでなら 何をしようと構わない
04 体操教室1ヶ月半・週3回目標
05 12月最初の週は計測
06 正月明けで太った・風邪ひいた
07 マシンが8台から12台に増えた(マシン解説付き)
08 1ヵ月毎の測定1週間毎の強化マシーン
09 カーブスの宣伝が増えています
10 従兄の嫁さんとカーブスですれ違い
11 皆の悩みは「暑くなったらどうしよう」
12 盛夏の8月 ともかく頑張っていまーす
13 ためしてガッテン 筋トレで免疫力アップ
14 満1年が過ぎて どれくらい身体に変化があった?
15 2014年の暮れから15年の年明け
16 2015年2月に初めての筋肉チェック
17 ストレッチの重要性にいまさら気付く
18 2回目の筋力チェックは少しだけできた
19 8月の筋肉チェックは右足が突出
20 11月の筋力チェックと新年のカード2枚
21 春の下北沢カーブスの近況は
22 住み替えで カーブスも変わる
23 1丁目から3丁目に移転
24 4月からはキャナルコート東雲へ移籍
25 10月で4年頑張れました
26 たんぱく質毎日12点チャレンジ
27 持続が一番
Powered by amaprop.net
TOP > ダイニング > 健康

スポーツ苦手の母娘 女性だけのジム「カーブス」に通う

10 従兄の嫁さんとカーブスですれ違い

綺麗になってから対面したい

先週のこと、ふと気づいた視線の先の見覚えのある人の姿。
「あれ、F子さんだ」
派手なパフォーマンスで、とても目立つ人は、近くに住む従兄のお嫁さんだ。

ユフィはマシンの輪の中、F子さんは終了して友人となにやら相談中。
そのまま帰っていったから、全く気づいていない様子。
ユフィは白内障の手術後、何十年も掛けていたメガネをはずしている。

ジャックに「気が付かなかったのかな」と言ったら、「そうかも」との返事。
大分離れていたし、帰り際で急いでもいたようだから…。
本当は『気づかれなくて良かった』なのだが、理由はいろいろ。

あまり親しく話したくない相手なのだ。
人好きのする美人で明るい性格だから、評判の良い人で、人気者のようだ。
ユフィは裏の本質を知っているから、親戚付き合い以外はあまり近づきたくない。

ユフィより早めに来ている様子なので、時間帯が重ならないようにしないと…。
一昨日は、カーブスを友人と二人で出てきて、バス停に向かうところを見た。
危うくビルの前で鉢合わせするところだった。

だんだん暑くなってきて、会員さんが少しずつ時間帯を早くずらしている。
真夏になったらどうしようか、と今から悩むくらい、帰途に着く頃には汗びっしょりだ。
今日は、12時には会員さんの姿が全く無くなった。

それまでは、満員で運動の輪に入るのに、空くまで待ったくらいだったのに…。
「12時半を過ぎる頃には、また大勢みえるから」とのこと。
お勤めしている人が、昼休みに来るらしい。

月初めの「体側」で、8ヶ月間の結果が出ているが、少しずつ『体重・体脂肪・腰周り』 などは減ってきている。
『筋肉』の値は少し増えているので、成果はあがっているということ。
ほんの少しだが、励みにはなるということか。

カーブス夏号
2014夏の「カーブス マガジン」は、そんなユフィのような「少しずつの成果」でがっかりの人用の『脂肪を燃やそう きれいになって、健康になる』の特集。
「体脂肪率の高い人は 低い人に比べて太って見える」のだとか。

写真の女性のなんとも生々しいからだの変化。
体脂肪率45%と25%では、天と地の差だ。
体脂肪の変化

ユフィは、カーブスに保管されている体側表を見ないと分からないけれど、多分真ん中あたりだと思う。
遠めで見たF子さんは、ユフィよりは少し細めだから、30%くらいかな。

せめて、同じくらいまで体脂肪を落とせたら、見つかっても良いけれど今はまだ駄目。
まだまだ脂肪の燃やし方が足りていないのだ。
「体脂肪率」とは、体内の脂肪分の割合のこと、摂取したエネルギーを消化しきれないと、脂肪として体内に蓄積されてしまうらしい。

カーブスでは、筋肉量は減らさずに『体脂肪を効率よく減らすこと』が目標。
体脂肪は、「脂質異常症・高血圧・糖尿病・高尿酸血症・冠動脈無疾患・脳梗塞・脂肪肝・腰痛・膝痛・睡眠時無呼吸症候群」等々の健康リスクの原因になっているとか。
体脂肪と腹囲

特にお腹周りにつく「内臓脂肪」を減らすことで、目安にすることができるらしい。
体脂肪1㎏が腹囲1㎝と同じなのだとか。
腹囲1㎝減らすことで、体脂肪・内臓脂肪が1㎏って分かりやすいけれど、ウエスト寸法ではないので間違えないように。

おへそから指2本上周りなので、時々少しずれていたりもする。
「有酸素運動でエネルギーを消費」+「筋肉トレーニングで脂肪を燃やす」が大切。
この有酸素運動の動きも、あまり激しいと逆効果になるらしく、カーブスの壁に『静かに動きましょう』の標語と写真が貼ってある。

呼吸が苦しくなるほどの有酸素運動は、エネルギー消費率が下がってしまうのだとか。
でも、足踏み版で運動する人の中には、動きが早かったり大きかったりする人が多い。
動いている感覚が運動している意識を高めるのだから、当然なのだが…。

と言うことで、マシンの使い方もコツをつかんで慣れて早く動かすことができるようになり、
足踏み版もゆっくり目に歩いているユフィは、目標に遅々としているが近づいていることになる。
と、信じたい

マガジンのページに、「目標を決めましょう」と言うのがあって、日本女性の平均サイズと、
「カーブスメンバーの平均サイズ」が載っている。
ユフィの60代だと、「日本女性平均 腹囲88.4㎝」で「メンバー 82.3cm」と、6㎝も差がある。
マガジンの内容 平均サイズ

『まずは2㎝頑張りましょう』って、8ヶ月掛っても1㎝強だから、6㎝は何年掛るのかな。
でも、1㎏の肉は減っているのだから、続けるっきゃないでしょう
Powered by amaprop.net
▲ページTOP